スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お憑かれサマンサ!

2005年04月07日 23:45

レミゼ終演後にうっすら集められて帝劇の地下に連行されました。
しばらくしてから新妻さん(人名)ご登場!めちゃ可愛いの!!
ほっそ~いし顔小さいしニコニコしててオバちゃんギュッとしたくなっちゃったよ!

アハハハハハハ!!!!

(おばちゃん的高笑い)

新妻さんの小部屋では日本未公開の幻のコゼットソングを聞かせてもらったり
質疑応答で共演者たちのヤヴァい一面を披露してくだすったり夢のようだったよ。
レミゼの劇中に男装(?)したエポニーヌがマリウスにロングコートの中身を
チラッと見せて「アタイだよ~ん」という仕草をするシーンがあるんですが
ハムの人(別所さん)はあの変質者もどきなシーンが本当に大好きだそうで

やってやって!とせがむんだってよ?

いやぁ本当に別所さんって変態面白い方ですね!!

新妻さんに握手してもらえたし生きててよかったです。

こんなことになるならスッピンで、あまつさえただの布切れという
いでたちで行くんじゃなかった…!

まさに月とスッピン。

ファンクラブ入りそうだよ…。したぽ。(えぇ!?)


まったく話変わりますけどデスノ第二部は4年後とか書いてあったじゃないですか。
同棲ってことは夜な夜な変態プレイですね。

いやいや昼夜問わずだな。(断定)

レムいなくて良かったね…。(あらゆる意味で)


川原泉さんの『笑うミカエル』が実写で映画だかドラマ化するそうですよ。
最近何で今更…?ってのが多いですね。新しく何かを作る力が衰退しているような。

もっとチンチン大蛇新陳代謝を活発にしないとダメ~!

アニメもドラマもみんなマンガ原作なんだもん…。
しかも実写の場合出演者がいつも同じ人、もしくはアレってのが多くて泣ける…。

見てないからなんとも言えないけど川原さんのはマンガだけにとどめておいて欲しい。
読んだ事無い人は是非読んでみて下さいな。どれもイカしてます!
笑うミカエル3巻のオペラ歌手の話が一番好きです。泣けるんだ、これが。


というわけで股明日劇団四季のオペラ座の怪人観てきます。
明後日は股レミゼ…。私生活破綻させてまで生き急ぐワタクシ…。20050407233730.jpg

スポンサーサイト


コメント

  1. ポポママ | URL | -

    笑うミカエル好きだったな~
    何だかおかしいけど笑えるお話が多いですよね~川原作品は
    ・・・オペラの話、あのぬいぐるみの話泣けますよね~こう、グッときますよね~ 

    やはり、麦チョコ道に撒くのかな~
    犬の撮影が一番難しそう~何しろてい~てい~って追いかけて食す犬。

    よく考えたら犬に麦チョコはまずいよね~

  2. スーザン | URL | -

    去年見せてもらったレミゼという言葉がやたら多いスケジュール表を思い出しました。
    素敵な方と握手よかったですね!しかしただの布きれは・・・仕事中だけにしましょうよ!

  3. のばら | URL | BTjKZ8BM

    川原さんは本当に頭がいいと思います。
    あの絵柄で油断させといて内容は深いですよね。
    笑えて泣ける話が書ける人は本当に天才だと思いますよ。
    あの犬は…大変そうです。CGかもしれません(笑)


    いやぁ新妻さんに会えるなんて思ってもみなかったから
    油断したのですよ。見えないところのお洒落って大事だよな~と思いました。(何か違う)
    あ、Jのちゃんと着替えてる人ってそういうの考えてるのかしら?感心。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://novaran.blog7.fc2.com/tb.php/4-7a7acef0
この記事へのトラックバック

レ・ミゼラブル

観に行って来ました!帝国劇場は「ミス・サイゴン」以来、2回目ですがホント大きな劇場だなぁーと。2階の最前列でしたが、それでも舞台が遠かったです。やはり皆さん歌のレベルが高い高い、やや凹みました。つい最近まで劇中歌の中の「Stars」を練習していたのですが、



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。